製品情報

パルス型核磁気共鳴装置 MQC+(英国オックスフォード社)

価格 お問い合わせください
メーカー名 アステック(株)
製品URL http://www.astechcorp.co.jp/service-NMR.html
計測対象物質 ポリマー,ゴム,燃料油,ワックス,歯磨き粉,化学繊維,織物,紙製品,食用油,クリーム,チョコレート,粉ミルク,食肉,スナック菓子,種子,牛乳,マヨネーズ,チーズ,掘削コア
アプリケーション ポリマー密度,ゴム中の油分,ワックス中の油分,繊維中の油剤,OPU,フッ素測定,食用油脂の固体脂含有量,紙製品中のローション,種子中の油分と水分,乳製品中の脂肪分,チョコレート中の脂肪分,掘削コア分析
説明 最新のMQC+は従来高価な分析用NMRでしか実現できなかった温度範囲(‐60℃~200℃)でのTD-NMR測定を可能にしました。最新の解析ソフトウェアは逆ラプラス変換を含む様々な解析機能を有しています。エキスパートユーザーにはパルスシーケンスを含むすべての機能が解放されていてパイソン言語により自由にプログラムすることができます。従来から好評な各種の定量アプリケーションには新たにオートサンプラーが加えられました。サンプルをテフロン製の容器に入れるだけで秤量、温調、測定を装置が全自動で行います。ソフトウェアは日本語です。サンプルは前処理も殆ど必要なく溶媒その他の薬品も不要です。 NMR信号はサンプル全ての部分から得られ色や粒径等に影響されません。ポリマー密度、ポリマーやゴムの架橋度、コンクリートの空隙分布、ワックス中の油分、化学繊維中の油剤量、化学繊維中の樹脂量、種子中の油分・水分、乳製品中の脂肪分、食用油脂中の固体脂含有率、チョコレート、スナック菓子中の油脂量測定等に使用。世界標準のロックコア分析用装置も用意しています。