製品情報

熱重量・熱量同時測定装置 STA 449 F1/F3/F5 Jupiter

価格 10,000,000~
メーカー名 NETZSCH Japan(株)
製品URL https://www.netzsch.co.jp/product/sta-449-series/
計測対象物質 金属,セラミックス,カーボン,ポリマ樹脂,ガラス,ゴム,プラスチック,FRP,セメント,薄膜,繊維,バルク
アプリケーション 金属,セラミックス,カーボン,ポリマ,樹脂,ガラス,ゴム,プラスチック,FRP,セメント,薄膜,繊維,バルク
説明 STA449 F1/F3/F5 Jupiter は熱重量測定(TG)、示差走査熱量測定(DSC)を同時に測定が可能です。
1400℃までの高温比熱測定に対応した唯一の装置。6種類の加熱炉から選択でき、幅広い測定温度範囲(-150℃~2400℃)をカバーしています。またダブルファーネス機構により、二炉体が搭載可能です。
TG分解能0.025µgを実現し、1400℃ホールドでの安定性は1µg/hを達成。
TG測定レンジは最大35g(容積:5cm3)で、微小量測定から大容量測定にも対応します。
新開発のOTSシステムにより従来の真空置換では不可能であった酸素濃度1ppm以下での測定が可能です。
また、QMS、FT-IR、GCMSともカップリング可能です。

■ 測定温度範囲:-150℃~2400℃
■ TG分解能:0.025µg
■ DSC感度:1~15µV/mW
■ 比熱精度:±2.5%