製品情報

近赤外分光光度計AOTF-NIRシリーズ Handheld5030, FreeSpace4030

価格 6,000,000~
メーカー名 (株)ニレコ
製品URL http://www.nireco.jp
計測対象物質 原料、タブレット、石油、ポリマ、化粧品、衣類、堆肥、紙、溶剤、インク、穀物、鮮魚、生鮮食品、スナック、飲料、ミルク、飼料、牧草、配合飼料、米、麦、たばこ、発酵食品、酒、菓子、加工食品、健康食品、食用油
アプリケーション 受入試験、反応・発酵モニタリング、乾燥工程モニタリング、含量均一性試験、ブレンド均一性確認、酸価、水酸基価、残留モノマー定量、水分、蛋白、窒素、繊維、脂肪、食味、固形分、アルコール、塩分など
説明 Brimrose社製の近赤外アナライザには長年培った自社開発のAOTF技術が採用されています。
AOTFは、波長可変透過フィルタとして機能する固体音響光学デバイスです。AOTF素子への高周波電力を制御することにより、回折およびフィルタリング特性を変調し、目的の単色光を自由に分光することが可能です。RF Powerの制御により分光が可能な同社アナライザは、屋外の過酷な環境下で24時間連続的にリアルタイム計測が要求されるプロセスや、フィールドでの適用に理想的な装置であり、他の分光方式を採用するアナライザと比較して、以下の点で優位性を持ちます。
●高速スキャン(毎秒16,000波長)
●機械的な可動を伴わない分光方式
●デュアルビーム方式の採用により計器ドリフトがない
●光軸調整済みランプを搭載
●バッテリ電源または外部電源のそれぞれに対応
●優れた波長再現性
●高いSN比
●AOTFオプションにより広い測定波長範囲を実現
電気的信号により分光を実現するAOTF技術は、小型で省電力な特徴を生かしたバッテリ駆動に対応する事で、それまで持ち出すことが困難であった試験室の環境を現場へと展開した。また様々な用途に向けて専用機のラインアップが充実。
■Luminar5030
ハンドヘルド型アナライザ、検体に応じて計測部を接触型と非接触型に変更可能で、ラボからフィールドまで場所を問わず使用可能なモデル。
■Luminar4030
フリースペースで設置可能なプロセス向けアナライザ。標準モデルは非接触で検体のスペクトルを測定。また、光ファイバオプションをつけることで離れた場所でフローセルによる液体測定に対応。
■Luminar7030
小スペースに計測部を設置可能な分離型プロセスアナライザ。オプションでIP55に対応する。
■SEEDMEISTER Mark III
シードマイスタは植物ブリーダが種子・ナッツ類を求める性質ごとに判別・評価・分類するために設計された装置で、設定された評価値に基づき自動で5種類に分類する機能を有する。