製品情報

マルチフェーズ炭素・水素分析装置 RC612型

価格 9,900,000~
メーカー名 LECOジャパン(同)
製品URL https://www.leco.co.jp/products/inorganic/rc612/
計測対象物質 薄板やコイル等/カーバイド,セラミックス,触媒,セメント等
アプリケーション 薄板やコイル等の表面汚染計測/カーバイド,セラミックス,触媒・セメント等を形態別に測定
説明 米国LECO社のRC612型は石英製の管状炉中で試料を加熱し、揮発、熱分解または燃焼により発生した炭素、および水素(水分)を測定する装置です。加熱雰囲気は酸素または窒素(不活性ガス)を選択できます。加熱温度は室温から1100℃まで自由にプログラミング可能です。薄板、コイル等の表面汚染調査や、カーバイド、セラミックス、触媒、セメントなどの炭素、水素の形態別分析に使用されております。

    ●分析範囲:炭素:50ppm~20%、水分:100ppm~20%(試料重量0.25g)
    ●分析精度:炭素:25ppmまたは3%RSD、水分:50ppmまたは3%RSD(いずれか大きい方)
    ●試料サイズ: 標準0.5gまたは大きさ23mm×102mm以内
    ●検出方法: 非分散型赤外線吸収法
    ●炉温度: 25℃~1,100℃