WEB分析総覧

WEB分析総覧とは WEB分析総覧の掲載案内 分析機器の手引き English JAIMA
HOME 製品分類から探す メーカー名から探す

製品情報

 WEB分析総覧HOME > 横河電機(株) > 製品情報
レーザガス分析計 TDLS8000
価格 お問い合わせ下さい
メーカー名 横河電機(株)
製品URL http://www.yokogawa.co.jp/an/laser-gas/an-tdls-001ja.htm
計測対象物質 O2,CO,CH4,NH3,H2O以外にも近赤外領域に吸収を持つガス
アプリケーション プロセス中のガス濃度を測定
説明 レーザガス分析計TDLS8000 は、各種プロセスにおいてO2、CO、CH4、NH3、H2O以外にも、近赤外線領域に吸収を持つ様々なガスの濃度を測定することができます。
センサ部はプロセスガスと非接触であるため、高温、高圧、腐食性ガスや刺激性ガス、高ダスト濃度等の過酷な条件下で安定した測定を行う堅牢な機器です。
またタッチパネルの採用により、直感的で優れた操作性を実現しました。

TruePeakによる高精度測定とSIL2適合による高信頼性測定
直感的なタッチスクリーンを搭載したHMIユニット(YH8000)
HART 通信およびModbus TCP 通信機能を標準装備
オートゲイン機能により過酷な条件下でも高信頼測定
各種診断機能に加えて最大50日分のトレンドデータを保存可能
従来機より3/4小型・計量化し、設置が容易に
危険場所に設置可能 防爆規格対応 Zone2/Div2 またはZone1/Div1(申請中)

リファレンスセルの採用により、常に測定ガスのスペクトルを正確に検知し、微量計測においても高信頼で測定することができます。
受光部でのオートゲイン機能の採用によりS/N比が向上し、高ダスト環境下でも、高信頼で測定することができます。
オンラインバリデーションは、測定ガス濃度が安定した条件下において、測定ガスの濃度を測定しながら内蔵チェックガスフローセルを使って、既知濃度のガスを導入して確認します。
国際規格IEC61508に基づき安全度水準SIL2の認証に適合しています。分析計を2重化することでSIL3に適合させることができます。

波長変調法(2f法)は吸収ピークの形状およびピークの高さが干渉ガスにより影響を受けます。 横河電機独自のスペクトル面積報は、他ガスの干渉の影響をほとんど受けず、また、温度・圧力補正による高精度測定が可能です。

印刷する
     
 
このページのトップへ
 
JAIMAへのお問い合わせ プライバシーポリシー 掲載会社専用ページへ
一般社団法人 日本分析機器工業会 Copyright © JAIMA All Rights Reserved.
日本分析機器工業会ホームページ