新規材料の安全性評価・電池の安全性評価向け熱分析装置 ARC(暴走反応熱量計)

価格 お問い合わせください
メーカー名 (株)エス・ティ・ジャパン
製品URL http://www.stjapan.co.jp/products/catalog/netzch_arc
計測対象物質 電池,18650, コインセル, コイン電池, パウチセル, バッテリー, 有機合成, 
アプリケーション 安全性評価,熱暴走,爆発試験,非暴露試験
説明  暴走反応熱量計:ARCは、これまで熱分析装置の最上位分析装置として、あらゆる対象物の安全性評価のために使用されてきました。最近では、各種電池(18650、コイン電池、パウチセル)の爆発試験などにも使用されています。単に熱量の挙動分析だけではなく、現実に起こり得る範囲により近い分析を可能とします。電池の場合、釘刺し試験も対応可能です。さらに、GC-MSへアウトプットすることで、爆発時に発生するガス分析も実施することが可能となりますので、電池の爆発そのものだけでなく、二次的な安全性評価にもご使用頂けます。  また、電池以外では、新規化学物質だけでなく、新規医薬品などの評価についても安全管理面から、重要な分析として活用されています。禁水物質や非暴露下での取扱いを要求される試料の安全性評価にもご使用頂けます。  現在、圧力まで追跡評価できる最上位機種をはじめ、卓上で100V電源で使用できる小型仕様も登場しています。デモ測定も可能です。他の熱分析装置と違い、大きな試料やDSCなどよりも絶対的な容量が増えるため、実際の事象に近い形での精度ある分析を可能にします。