WEB分析総覧

WEB分析総覧とは WEB分析総覧の掲載案内 分析機器の手引き English JAIMA
HOME 製品分類から探す メーカー名から探す

製品情報

 WEB分析総覧HOME > (株)エス・ティ・ジャパン > 製品情報
反応追跡 非接触 複合分析用 ラマン分光装置 Kaiser社 RXNシリーズ
価格 15,000,000~
メーカー名 (株)エス・ティ・ジャパン
製品URL http://www.stjapan.co.jp/products/825
計測対象物質 ポリマー,石油,バイオ,生体試料,歯,骨,脳,皮膚,マウス,医薬品,バイオ医薬品,攪拌,有機合成,中間体,固体表面,溶液,酸性
アプリケーション 合成過程の反応追跡,医薬品の製造,化粧品の製造,XAS/XAFSと複合分析,DSCラマン,発酵プロセス
説明 反応追跡に特化した専用ソフトウェアはメトラー・トレド社との開発によるものです。これにより、医薬品製造・有機合成過程における反応追跡が可能となり、最大で1~2秒に1回データ測定を行う事ができます。 また、先端部(プローブ)を交換することで液浸プローブで溶液の反応をリアルタイムで追跡できます。さらに、最大で42cmの距離を離してラマン測定を行うことも可能です。これにより、DSC、MicroWave、XAFS、XPSなどの様々な分析装置との複合分析や、真空チャンバー、プラズマ発生装置、電気炉内のサンプルを窓越しに測定することも可能となります。最新のプローブには、直径約3mmのプローブも登場し、小スケールの反応追跡も可能となりました。ファイバーによる自由な角度からの測定が可能なため、工場の製造ラインに組み込むことや、粉体の攪拌状態の確認など応用範囲が広く、光学系の明るい透過型Ramanです。

印刷する
     
 
このページのトップへ
 
JAIMAへのお問い合わせ プライバシーポリシー 掲載会社専用ページへ
一般社団法人 日本分析機器工業会 Copyright © JAIMA All Rights Reserved.
日本分析機器工業会ホームページ