WEB分析総覧

WEB分析総覧とは WEB分析総覧の掲載案内 分析機器の手引き English JAIMA
HOME 製品分類から探す メーカー名から探す

製品情報

 WEB分析総覧HOME > 大塚電子(株) > 製品情報
多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA
価格 5,500,000
メーカー名 大塚電子(株)
製品URL https://www.otsukael.jp/product/detail/productid/115/category1id/37/category2id/30/category3id/82
計測対象物質 高分子,コロイド,界面活性剤,ナノバイオ,医薬品,化粧品,食品,半導体,ナノマテリアル,セラミックス,色材,化学,工業
アプリケーション 粒度分布,粒径,高分子,コロイド,界面活性剤,ナノバイオ,医薬品,化粧品,食品,半導体,ナノマテリアル,セラミックス,色材,化学,工業
説明 本装置は、希薄溶液から濃厚溶液状態で、ナノ粒子径測定が可能な高性能、かつ、使いやすさの両立させた新製品「多検体ナノ粒子径測定システム」です。
最大5検体までを設置可能なセルユニット機構を採用。独立した角セルの使用で、試料間のコンタミ問題なく連続測定が可能。品質管理での使い易さを一新。
検出器に高感度APDを採用。弊社の従来機種より、更に高感度化を実現。高精度化、高速化で、しかも、1分以内の測定が可能。
グラジエント機能付き温調の充実化。15~40℃の温度下で最大5検体連続測定が可能。また、ガラス製セル使用で0~90℃のグラジエント測定が可能。品質管理での利用用途範囲を拡大。
品質管理の現場に寄る添うホワイトカラー基調のデザイン。24cm(W)x48cm(D)のコンパクト設計。測定室の省スペース化に有効。
”かんたん測定”機能を充実した操作で、5検体連続測定も”One Click”で完了。「誰でも、いつでも分析」機器として使用。
大塚電子の実績ある光散乱製品の解析ソフトウエア。充実したプロ解析にも対応可能。

[主な仕様]
・測定範囲:0.6nm~10μm(粒子径)
・対応濃度範囲:0.00001~40%
(0.00001%:120nmラテックス、40%:3.0nmタウロコール酸の場合)
・温 度:0~90℃(バッチ測定用セルホルダー・ガラスセル使用時)、 15~40℃(連続測定用セルホルダー使用時、 または、バッチ測定用セルホルダー・微量ガラスセル使用時)
・セル/サンプル容量:Min. 1.2mL
・ソフトウエア:平均粒子径解析(キュムラント法解析)、 粒度分布解析(Marquardt法/NNLS/Contin法/Unimodal法)、 粒度分布重ね書き、逆相関関数・残差プロット、粒子径モニター、 分子量計算機能、粒子径表示範囲(0.1~106nm)
・寸法・電源:240(W)x480(D)x375(H)mm、AC100~240V, 250VA

印刷する
     
 
このページのトップへ
 
JAIMAへのお問い合わせ プライバシーポリシー 掲載会社専用ページへ
一般社団法人 日本分析機器工業会 Copyright © JAIMA All Rights Reserved.
日本分析機器工業会ホームページ